★ JAM's Factory

大阪・道頓堀にあるギターショップ・ジャムズファクトリーです

【ネック調整】

今年の予報では空梅雨と聞いていたのですが梅雨に入ると雨の降る日の多いこと
人にとってもギターにとっても過ごしにくい季節がやってきましたね
1年前のこの時期にもブログには書いたと思うのですがみなさんお役にたちましたか?
過去の記事はコチラ>>>
今回は一人でも多くのプレイヤーさんに自分の楽器を調整してもらいたいので説明させていただきます(^^)b
■ナットの種類と調整道具
moblog_d98dfdef.jpg
左上から
□十字型
オールドフェンダーなどのスタイルで十字に切られてはいるがプラスドライバーを使用するとなめてしまうので大きめのマイナスドライバーで調整します
□六角型(オス)
パイプレンチを使用し調整します
サイズ
ギブソン 5/16インチ
国産 8mm
□六角型(メス)
六角レンチを使用し調整します
サイズ
国産 5mm
韓国産 5/32インチ
FENDER/USAブレットナット 1/8インチ
FENDER/JAPANブレットナット 4mm
□ナットと工具
サイズも形もさまざまです

#インチサイズとミリサイズではサイズが微妙に違うだけですがサイズの合っていないもので無理矢理回すとナットの山がなめてしまったりするので必ずサイズの合ったものを使ってください(^^)b

moblog_cf4bc81d.jpg
ギターの断面 ロッドが彎曲しているのに注目!!

■ネックの見方
まっすぐなネックに同じ高さのフレットを打って折れていない弦を張って1フレットと最終フレットの弦を押さえると弦がフレット上面を這うようになりますよね
それをふまえて新しい弦を張って自分のギターをいつも弾いているチューンニングに合わして弦をフレットに当ててみてください
中間付近にわずかなすき間(弦をフレットに叩いた時に音がなる感じ)があるのが理想です
フレットと弦のすき間が目視できるようであれば順ぞり
弦をフレットに叩いた時に引っ付いているようであれば逆ぞりとなります
同様に1フレットと12フレット/12フレットと最終フレットをチェックするとねじれやネック起きのチェックなどができます♪

■ネックの調整方法
必ずサイズの合った工具を使用します
順ぞリを修正するには時計まわりに逆ぞリを修正するには反時計まわりにロッドをまわします
1回に回す角度は多くても90度まででチューニングを合わしてチェックしてみてください
この作業をくり返し理想のネックの状態に仕上げていきます
今はまっすぐでもロッドの力がネックにかかる時間や弦の張力がネックにかかる時間などがあるのでチューニングを合わしたまま放置し最終チェックは翌日にするのが理想ですね♪

ネックの見方さえわかればオクターブ調整同様時間をかければ誰にでもできる調整です
ネックの調整具合で弦高がもっと低く下げれたり、フレット閑の音ずまりが解消されたりします
弦高・オクターブは押し弦の強さやピックングの強さで決まります
ですから自分で時間をかけて調整するのが理想です♪

みなさんギターを自分の理想に近づけてくださいね(^^)b

ホームページ更新は毎週金曜日♪>>>

買取り・下取りなども随時受け付けしております!
お気軽にお問い合わせ下さい(^^)>>>



■記事>>>不動 工房主任 

★お役に立ちました?
 お役に立てば拍手ボタンをポチっとよろしくです(^^)b

JAM's Factory
大阪市中央区道頓堀1丁目東3番17号
06-6211-3680
http://www.jamsfactory.com



 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

ジャムズファクトリー

Author:ジャムズファクトリー
JAM's Factory Blog

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア

GuitarShop
JAM's Factory

大阪市中央区道頓堀
1丁目東3番17号
06-6211-3680
★websiteはコチラ
www.jamsfactory.com

QRコード

QR

最近の記事

月別

カテゴリー

RSSリンクの表示

Link


 ★Blog Linkへ追加