★ JAM's Factory

大阪・道頓堀にあるギターショップ・ジャムズファクトリーです

【ギターのポテンシャル】

moblog_3f683a13.jpg
配線の取り回しやハンダ付けの美しさで
印象に残っているものが1本だけあります
それはFENDER/USA MASTER BUILDERのストラトキャスターでした

そのギターのコントロール配線材自体なにも固定されては
いないのですが、あたかもそこに配線材が固定されているかのように
ピッタリとパーツに這うように配線材の取りまわしがされていました
また、隣り合うケーブルの間隔や曲げ具合も同じで衝撃を受けました

それからはその配線以上のクオリティーの配線をイメージして
配線するようにしています。
必要最小限の長さで取りまわせばノイズの軽減や長い配線材の
たわみからくるショートなどの事故を防ぐことができますからね

JAM's FactoryではJ-Mod-i-fyと称しギターの内部配線や
パーツを交換して出音を良くし、実践で使えるギターを
生み出そうと日々試行錯誤しています
ジャムズの2階にも試奏可能なモディファイしたギターがあります。

そのギターに対しマッチングの良い配線材・パーツを組み込むこと
により、音のまとまりや出音が弱い弦の補正、音抜け・粒立ち・
輪郭の鮮明さなどガラっとギターが生まれかわりますよ(^^ゞ

STMDCAB.JPG

お客さんのフェンダージャパンのストラトを
モディファイさせて頂き後日感想を聞いたところ
『ライブで使ったら
どこのギター?USA?いい音が出るね~、と言われた』
と、嬉しい感想を頂きました。

1本仕上げるのに配線材を2回から4回ほど交換します
配線材数種類を1本のギターに使うこともあります
ピックアップのケーブルを入れ替える場合もあります
出音がしっくりした時の喜びがあるので
手間の掛かる作業ですがやりがいはありますよ♪

10pinst.JPG

このノウハウであなたのギターを生まれ変わらせてみませんか?

数回のディスカッションは必要になると思いますが
きっと理想に近いサウンドが見つかりますよ♪

お悩みの方はぜひ相談に来てください(^-^)/

くわしくはコチラ >>>

                 
              
                 ■記事>>>不動 工房主任
★お役に立ちました?
 お役に立てば拍手ボタンをポチっとよろしくです(^^)b


JAM's Factory
大阪市中央区道頓堀1丁目東3番17号
06-6211-3680
http://www.jamsfactory.com

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

ジャムズファクトリー

Author:ジャムズファクトリー
JAM's Factory Blog

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア

GuitarShop
JAM's Factory

大阪市中央区道頓堀
1丁目東3番17号
06-6211-3680
★websiteはコチラ
www.jamsfactory.com

QRコード

QR

最近の記事

月別

カテゴリー

RSSリンクの表示

Link


 ★Blog Linkへ追加