★ JAM's Factory

大阪・道頓堀にあるギターショップ・ジャムズファクトリーです

座談会向けGuitar???いや、弾いてなんぼですヨ?

2241


このTOKAIのレスポール。
先月に入荷してから、ちょっと巷で話題に。
新着情報のページでは書ききれない詳細を持っているのでココでご紹介。
まずは、掲載した詳細から。

□商品No.2241
□TOKAI TLS JAM's Customize
□税込定価¥不明
■税込売価¥68.000
□付属品 SoftCase
□おすすめ度 80
□新品比較度 60
■Information
1983年製
※型式不明(^^;
トップ・バック・ネック裏がキャンディーアップルレッドフィニッシュの
レアカラーLoveRockモデル
当店で即戦力仕様へ調整しました☆″>>>
ナットをオイルボーンナット・リフレット・GOTOH社製ペグ
Pickupをフロント=S.Duncan JAZZ(新品)・リア=S.Duncan 59(新品)
ポットをCTS社製・オレンジドロップx2・BELDENワイヤー結線
アウトプットジャック/セレクターをSwichCraft社製へ....
と、気合い充分のコレクターさんお断りジャムズ仕様!!!
で、なんとTOPフィニッシュの下にはムラムラとした
タイガーフレイムぽいものが見えかくれ...
ム?塗装ムラなのか、貼りメイプルなのか、無垢なのか?
明確にはわかりません...
※勝手ながら店頭のみの販売とさせて頂きます♪
じっくり弾いて決めてくださいネ☆″
メールや電話でのご質問もお断りします(^^)b"

http://www.jamsfactory.net/usedgibson.html

で、ここで注釈。
ご存知の方もおられるかと思いますが
TOKAIのTOPの化粧板は極薄で、『無垢』『貼り』の判断がかなり難しいのです。
実は数年前にこの化粧板かそうでないかの判断を誤り
お客様へご迷惑をお掛けした事があります。

この教訓を活かし、今回は会合を開きました(^^;
キャビティーを開け、杢目と木目のにらみ合い。
導電塗料の一部を剥がし、杢目と木目の確認を様々な角度から幾度も。
参加者=当店スタッフ3人。
会場=1階売場から2階工房へ移動
答え=『無垢』2対『貼り』1で結果『無垢』と。
素杢でフレイムが出た2ピースメイプルTOPである、との判断。

ここで問題が。
私・店長が『貼り』に1票。
『TOKAI・舐めたらアカンよ?極薄の化粧板の可能性が1%でもある』
との判断で商品説明にそう記載。

真実を知る方法は1つ。
幾点かの塗料を剥ぐ。

でもね、そこまでしなくても。と、3人一致の意見。
『ム?塗装ムラなのか、貼りメイプルなのか、無垢なのか?明確にはわかりません...』
これが当店の答えです。
ご購入された方で興味ある方は、全部剥がして確認してみてください(^^;

さらにこのモデルの型式は不明。
TLSの正規ラインナップものなのか?
はたまたイレギュラーモデルなのか?
オーダー品なのか?
トップの杢目の節目やキズで
キャンディーアップルレッドに塗りつぶしたのか
もしくがフレイムではなく、塗装ムラなのか。
まだまだ調べなければならない余地がありますが.....

私的には
『どっちでも、エエねん』です。(^^;
これ、ここに書けば、ジャパン・オールド.マニアさんたち
「また、ジャムズが...」と叩かれるでしょうね(^^;

で、ついでにもう一言。
すでに数名の方が弾きに来て下さってます。
が、みなさん、40歳過ぎておられる様子の方々で
試奏を終えて『ありがとう』も言わず帰って行った方や
『これだけ改造したら・TOKAIちゃうやん?』と言って帰って行った方もおられ
たいへん悲しい思いをしております。

そ、ですヨ?
ボディーとネック、ブリッジのスタッド以外はすべて他社のもの、って事です。
ってか、そう詳細に書いてますやん。。。。
でもTOKAIのマークって、素敵ですやん?

7,8年前までは大好きだったジャパンオールドのギターくんたち、
そんなマニアな人ばかりが集まってこられ疲れて好きじゃなくなったんですよね。

と、またまたジャパン・オールド・マニアさんの事が嫌いになった店長でした。

もうTOKAIやGRECOは買取りお断りにしようかな。
TOKAIやGRECOは大好きなのにね。。ふぅ。。。。

ちなみに、このギターのモディファイは私の提案。
TOKAIをTOKAIコレクションじゃなくし、楽器として使ってもらいたい。
マニアさんに買われてコレクションケースに入れられない方法。
弾いてなんぼですよ?をみなさんに伝えたい方法。
それを模索した結果のギターくんです。
ウチのクラフターもそんな思いでモディファイしてくれました。
イイ・ギターに仕上がってますし、
そう言った逸話があるので魅力ありますから
是非ともTOKAI好きな若人プレイヤーさんに使ってほしい。
切にそう願います♪
『弾いてなんぼ教』からのお知らせでした(^^;


★お役に立ちました?
 お役に立てば拍手ボタンをポチっとよろしくです(^^)b

JAM's Factory
大阪市中央区道頓堀1丁目東3番17号
06-6211-3680
http://www.jamsfactory.com

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

ジャムズファクトリー

Author:ジャムズファクトリー
JAM's Factory Blog

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

GuitarShop
JAM's Factory

大阪市中央区道頓堀
1丁目東3番17号
06-6211-3680
★websiteはコチラ
www.jamsfactory.com

QRコード

QR

最近の記事

月別

カテゴリー

RSSリンクの表示

Link


 ★Blog Linkへ追加