★ JAM's Factory

大阪・道頓堀にあるギターショップ・ジャムズファクトリーです

【ラッカー?ウレタン?塗装のケア♪】

先日、母校の専門学校に久しぶりに行く機会があり
2年生はリフィニッシュの授業を受けていました♪

懐かしい反面、ラメとかパールとか
人に見せれないような変わった色とか
たくさん塗ったなと思い返して一人苦笑い、、、笑

そのつながりと言ってはなんですが店頭でよく
ラッカー塗装とポリ塗装とどう違うの?
それぞれどういう風な手入れをすればいいの?
と質問を受けます。

jbcsblog.jpg

ご自身の楽器でも把握してなければなかなか一目で
見分けるのは難しいかとは思います。

塗装の種類ももちろんですが
メーカーや年代、今の塗装の状態など
によってケアの仕方はさまざまです。

ウレタン塗装に関しては
塗面も丈夫で熱などにも比較的強いので
一般的なポリッシュで手入れしてあげても大丈夫です♪

ラッカーに関してはシリコンや有機溶剤の
入ったものでよくトラブルが起こってるので
ポリッシュなどを使う場合は注意が必要ですね。
間違ったものを使うと塗装に
シミや曇りなどが出る場合もあります(^_^;)

写真は先日修理でお預かりした
Fender USA Custom Shop Masterbuilt Series 64' JAZZ BASS

ラッカー塗装に使われるセルロースは元々
世界大戦後アメリカに余っていたセルロースを
ペンキなどに利用する事になり
ニトロセルロースラッカーが用いられるようになったそうな。

FenderやGibsonはそういう時代背景なども含め
今なおCustom Shopなどでは
ラッカー塗装が使われ続けているではないでしょうか?

塗装の手入れで言えば
本当はキメの細かいクロスで乾拭きが一番良いと思います。
スタジオ、ライブ終わりに軽く拭くだけでも全然違います!!

ポリッシュが必要とされるくらいまで放っておかないこと。
そういう日々の愛情が状態を保つ秘訣なのかもしれませんね♪

もし、少し長い間放置してしまって不安な時は
一度ご相談ください♪

店頭品もすべて試せるようになっておりますので
種類にあったアイテムをおすすめさせていただきます(^^)b

        ■記事>>>JAM's Factory 村雲

★応援拍手ボタンをポチっとよろしくです(^^)b

JAM's Factory
大阪市中央区道頓堀1丁目東3番17号
06-6211-3680

http://www.jamsfactory.com
https://www.facebook.com/guitarshop.jamsfactory
http://twitter.com/jamsfactory
http://goo.gl/maps/awvLg


 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

ジャムズファクトリー

Author:ジャムズファクトリー
JAM's Factory Blog

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

フリーエリア

GuitarShop
JAM's Factory

大阪市中央区道頓堀
1丁目東3番17号
06-6211-3680
★websiteはコチラ
www.jamsfactory.com

QRコード

QR

最近の記事

月別

カテゴリー

RSSリンクの表示

Link


 ★Blog Linkへ追加