★ JAM's Factory

大阪・道頓堀にあるギターショップ・ジャムズファクトリーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2012年もありがとうございました♪】

いよいよ今年もあと4日間を残すのみとなりましたね。

ジャムズの一員となってもう5回目の冬。
気がつけば店長の次に古株になってました。

年を重ねる度に、時間が短く感じて。
年を重ねる度に、仕事ももっと楽しくなって。
年を重ねる度に、仲間がたくさん増えて。

店頭、修理、レンタル、教室、セッション、ライブ。
いろんな所でみなさんに会えるのを自分自身が
一番楽しみにしていました。

pj.jpg

写真は昨日のProject-Jでの1枚。
楽しそうやな、俺!!

簡単ではありますが今年1年ありがとうございましたっ!!

2013年もジャムズをかっちょいい駄菓子屋のような
ギターショップにできるよう努めます!!

何事にも熱く!!初心を忘れず、日々精進!!

それではみなさまよいお年を(^^)/

2012年12月29日(土)から2013年1月4日(金)まで
年末年始休業をいただきますm(_ _)m


2013年1月5日から通常通り営業致します。
次回の新着情報の更新は2013年01月11日(金)



           ■記事>>>JAM's Factory 村雲


★応援拍手ボタンをポチっとよろしくです(^^)b

JAM's Factory
大阪市中央区道頓堀1丁目東3番17号
06-6211-3680

http://www.jamsfactory.com
https://www.facebook.com/guitarshop.jamsfactory
http://twitter.com/jamsfactory
http://goo.gl/maps/awvLg


      
スポンサーサイト

【年末はギターやベースも大掃除!!】

もう大掃除の時期ですが
みなさん、今年の音楽生活はどうでしたか?

今年1年お世話になった相棒のギターやベースも
クリーニングして気持ちよく年越ししたいですね♪

普段は拭かないような場所もちょこっと
パーツを外して磨いてみるってのはどうでしょう(^^)?

さてさて、この時期
自身のギターやベースに違和感を感じることありませんか?
ギターやベースにとって快適な湿度は50パーセント前後と
言われていますが、ここ1ヶ月で湿度も急激に変動しており
日によっては40パーセントを下回る日もありますね(^_^;

12月は特にですがやはり当店でも年間を通して一番多い
修理依頼が「ネック反りの調整」です。

neck1.jpg

今日も押入から引っぱり出してきたギターを調整に
もってこられた方が数名おられましたヨ!!

ネック、ナット、ブリッジこのトライアングルで
ギターの弾き心地が決まるといっても過言ではないです!!

その中にも順反り、逆反り、ねじれ
など色々な症状があります。

■デフォルメしたイメージ図
fretneck2.JPG

ネックの材料は自然の力を吸収して育った木です
育つ環境が違えば
木材自体の強度・粘り強さ・癖など一本ずつ違います!!

オーナーさんが状態を気にかけてやることが必要です!!
早期発見・早期調整が症状の進行を防ぎます♪

もし気になったら
まずは学校や、スタジオ帰りに気軽に来店いただいて
一度状態を見せて下さいね(^^)b

今年の修理の受付は12月28日(金)までとなっておりますm(_ _)m

修理の詳細はコチラ>>>

           ■記事>>>JAM's Factory 村雲


★応援拍手ボタンをポチっとよろしくです(^^)b

JAM's Factory
大阪市中央区道頓堀1丁目東3番17号
06-6211-3680

http://www.jamsfactory.com
https://www.facebook.com/guitarshop.jamsfactory
http://twitter.com/jamsfactory
http://goo.gl/maps/awvLg

【中古楽器 一期一会 Vol.12♪】

今回ご紹介するギターはGRETSCH #6119
最初にこのモデルが登場したのは1958年

6120 Nashvilleの廉価板の位置づけで
Tennessean(テネシアン)として登場しました。

その後数回の企業買収などで1980年に一度姿を消し
1980年代半ばにグレッチは世界を飛び出し復活。
現在では主に日本に愛知県で製産されています。
その際に商標の関係でTennesse Rose(テネシーローズ)
と改名されたそうな。

その独特のルックスととサウンドは
様々なミュージシャンに今でも愛され続けております。
ポール・マッカートニーや
国内で言えば浅井 健一やチバ ユウスケなど
ボーカリストの印象が強くありますね♪

今回は現行のグレッチで大きく二分される
■サウンドホールあり+フィルタートロン(以下FTに略)
5597_edited-1.jpg

■サウンドホールなし+ハイロートロン(以下HTに略)
5525_edited-1.jpg

の2本を簡単にですが比較してみたいと思います(^^)b

まずはヘッド部!!
tnhed.jpg

FTモデルはグローバーペグに牛骨ナット
HTモデルはオープンギアのクルーソンタイプに0フレット

ヘッドロゴの書体やインレイなどの違いはほとんどなく
ネックグリップも互いに握り込みやすく薄めですね♪

次にブリッジ&ピックアップ、コントロール部!!
tnbpu.jpg

FTモデルはコントロールが
M.VOL・F.VOL・R.VOL・M.TONE・PUセレクターという仕様
独特のダブルポールピースのフィルタートロンが印象的です♪

HTモデルはコントロールが
M.VOL・F.VOL・R.VOL・スタンバイスイッチ
トーンセレクターという仕様
スタンバイスイッチはON/OFFスイッチのような以外に便利な
スイッチです♪

お次はボディートップのショットです♪
tntop.jpg

FTモデルは実際に穴の開いたサウンドホールに
ボディー厚が約6cm、アーチのかかり方もきつめですね◎

HTモデルはホロウ構造ではありますが
ペイントされたダミーのサウンドホールで
ボディー厚が約5cm、アーチのつき方も若干緩めな印象◎

最後に全体のショット!!
tetachi.jpg

こうやって全体を比べると全然印象が違いますね♪

でもどちらのモデルも荒々しいクランチで歪ませると
あのサウンドなんですよね♪
まさにギターボーカルのために生まれたギター!!

是非一度弾き比べてみてくださいね(^^)b

商品の詳細はこちら>>>


          ■記事>>>JAM's Factory 村雲

★応援拍手ボタンをポチっとよろしくです(^^)b

JAM's Factory
大阪市中央区道頓堀1丁目東3番17号
06-6211-3680

http://www.jamsfactory.com
https://www.facebook.com/guitarshop.jamsfactory
http://twitter.com/jamsfactory
http://goo.gl/maps/awvLg

【電気系パーツの感触と感覚♪】

12月に入り、街中の空気もガラッと変わり
忙しなくなってきましたね♪

年末に向けての大掃除も
早い家庭ではもう始まってるそうで
押し入れの奥底から出てきたギターの
オーバーホールの依頼も増える時期でもあります (^_^;)

中でも一番多いのが
電気系統のガリや、断線でのパーツ交換
中にチリやホコリが溜まってしまい
それらが原因で起こることが多々あります、、、

そんな修理が増えるこれからに向けて
こんなもの作ってみました!

【パーツサンプルBOX】
box_edited-1.jpg

よく、電気系統の修理の際に聞かれるパーツの疑問
「これとこれってどう違うん?」
を、簡単に分かりやすく分かるように
一つの箱にまとめちゃいました♪

【国産】のポット、ミニポット
5wayスイッチ、モノラルジャック、トグルスイッチ
【CTS製】のポット2種
【CRL製】の5wayスイッチ
【SwitchCraft製】のモノラルジャック、トグルスイッチ

これらを実際に触って、回して
ジャックを挿して確認してもらえます(^^)b

特にポットでも、「250Ω」、「500Ω」など
抵抗値以外にも回すトルク感がそれぞれ違い
同じCTS製のモノでもスタンダードなポットと
【Vintageタイプ】と呼ばれるモノでは全然違いますよ♪

はたまたスイッチ類も「カチッ」と具合や
「スルッ」と具合が違ったりして、好みも結構別れたり、、、

実際に自分のギターの修理の際でパーツの交換をされるときに
一思いに良い物を搭載するより前に
こうやって確認して納得して、組み込んだ方が
愛着も湧きますものね (^^)♪
サウンドもモチロン大事ですが、より弾きやすく
心地いいように相方をチューンナップしてやるのも大事ですよ◎

また、電気系統の修理やパーツの交換は
当日で終わることも多いので
改造や修理の相談も電話で一報頂ければ
手を空けてお待ちしています (^^)b

押し入れ奥から出て来たギターのみならず
ジャックやポットのガリなどでお悩みでしたら
この際に一度ご相談にいらして下さいね♪

そして修理や改造に使用するコンデンサーで
現在店頭に並んでいるモノをご紹介♪

cap.jpg

■Jupiter RED 0.02m
■Jupiter YELLOW 0.05mf
■Montreux RussianMillitary NOS Oil Cap 0.022mf
■Montreux RussianMillitary NOS Oil Cap "KGB style" 0.05mf
■Montreux Vitamin-Q 0.047mf
■Montreux FAST NOS Oil Cap 0.047mf
■Monterux NOS CDE "Brownie" 0.047mf
■AllParts Sprague Orange Drop 0.047mf
■AllParts Silver Mica 250pf
■AllParts Mullad 0.022mf
■AllParts Vitamin-Q 0.022mf
■Sonic OC-223

サウンドもそれぞれ個性があり、自分のギターのサウンドに
一味、二味、いいスパイスを加えてくれますよ♪

年末、今年も残りわずか!
思い残すことのないように駆け抜けたいですね!

          ■記事>>>JAM's Factory 大串

★応援拍手ボタンをポチっとよろしくです(^^)b

JAM's Factory
大阪市中央区道頓堀1丁目東3番17号
06-6211-3680

http://www.jamsfactory.com
https://www.facebook.com/guitarshop.jamsfactory
http://twitter.com/jamsfactory
http://goo.gl/maps/awvLg

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

ジャムズファクトリー

Author:ジャムズファクトリー
JAM's Factory Blog

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

GuitarShop
JAM's Factory

大阪市中央区道頓堀
1丁目東3番17号
06-6211-3680
★websiteはコチラ
www.jamsfactory.com

QRコード

QR

最近の記事

月別

カテゴリー

RSSリンクの表示

Link


 ★Blog Linkへ追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。