★ JAM's Factory

大阪・道頓堀にあるギターショップ・ジャムズファクトリーです

【4ヶ月でナットの溝がダメになる!?】

DSC003553.jpg

写真はT.YASUMA NEW Ance Guitarという60年代前後のギターです
ホールのあまりのかわいさに思わず写真載せちゃいました

最近常連のお客さんからこんな電話をいただきました
『ストラト5弦の開放の音がビビルようになった』と
そのギターは4ヶ月ほど前にナットを作りかえたギターでした
ギターを見てみるとやはりナットの溝が低くなっておりビビリます
原因を探していると5・6弦のローフレット辺りに巻き弦の跡が
びっしりと付いており、6弦のナットの溝にいたっては
1.5倍くらいに溝が拡がっていました
話を聞くうちに弦をかるく揺らしながら弾いていると
結論が出てきました
牛骨に似ていて硬質で耐久性や弦の滑りの良い素材を考えました
思い当たったのが『象牙』でした
stmodneck2

ゆっくり時間をかけて成形されていく分高密度で粘りがあり
削っている時でもヤスリにまとわりついてくるの感じが伝わってきます
磨くとコーティングしたように光沢が出て高級感も出ます
かんじんのサウンドですが牛骨より音にきらびやかさが増し
溝の滑りもいい感じでナットにうってつけの素材と改めて思いました
入手しにくい分値段は張りますが十分もとは取れると思いますよ

余談ですがその常連さんはブリッジの2弦の前のビスを締めたら
ハイが増えたと言っていました
ブリッジの密着度が増すわけですから起こりうることですが
本人にしかわからない領域にも思います
いままでも細心の注意を払って修理品を扱っているつもりですが
これはデータとしてとれない部分ですね

不安定な要素たくさん!
いい感じに組みこむとおそろしい武器になる
可能性を秘めているストラトキャスターは
やはりいじりがいのあるギターですね(^^)b

●改造・モディファイの詳細はコチラ>>>

ホームページ更新は毎週金曜日♪>>>

買取り・下取りなども随時受け付けしております!
お気軽にお問い合わせ下さい(^^)>>>


              ■記事>>>不動 工房主任                                   

★お役に立ちました?
 お役に立てば拍手ボタンをポチっとよろしくです(^^)b

JAM's Factory
大阪市中央区道頓堀1丁目東3番17号
06-6211-3680
http://www.jamsfactory.com
 

 | HOME | 

プロフィール

ジャムズファクトリー

Author:ジャムズファクトリー
JAM's Factory Blog

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

GuitarShop
JAM's Factory

大阪市中央区道頓堀
1丁目東3番17号
06-6211-3680
★websiteはコチラ
www.jamsfactory.com

QRコード

QR

最近の記事

月別

カテゴリー

RSSリンクの表示

Link


 ★Blog Linkへ追加