★ JAM's Factory

大阪・道頓堀にあるギターショップ・ジャムズファクトリーです

Stevie Ray Vaughan

srv-gtr

たしか、あれは...
1990年の夏の終わり。

先日のBlogでも少し触れた某楽器店でアルバイトをしていた時。
いつもそこの店長が好きなVIDEOが小さなテレビで流れてました。
ハードロックやメタル好きな私は
BluesやRockってものにあまり興味が無く
その小さなテレビの映像はBGMでしかなかったのです。

ある日、その画面にはウェスタンな格好をした爆音のギタリストが映し出されてました。
どのハードロックなギタリストよりも、ハードで
イキ顔がどのギタリストよりもゴツい。
『ゾワ~』と鳥肌が立った覚えがあります。

「これ、誰ですか?」

きっと初めてだと思う、店長とミュージシャンの話をしたのは。
その頃、ハードロックばかりで
ジミーペイジやジミヘンドリックスさえも知らなかった無知な私を
店長はあまり、相手にはしてくれてはいませんでした(^^;)

『......スティーヴィー・レイ・ヴォーン。』
『最近、死んだけどね。。。』と。

あまりにも衝撃だったその映像と、『死んだ』
その事実で打ちのめされ、いままでの音楽を全否定せざるを得ない感情が。

バイト終わりのその足でCD屋さんへ駆け込んで「TEXAS FLOOD」を購入。
そして音源をコピーしまくりました。
いつしかドラムイスに座っているよりもギターを弾いている時間の方が長くなり。
(これ先日のBlogのFERNANDESのJacksonモデルで、ですが...)

私の人生を変えたギタリスト、Stevie Ray Vaughanの命日が今日、8月27日です。
35歳、若くしてこの世を去った彼の音は深いです。

ちなみに上の写真は私が二十歳過ぎに手に入れた
Fender USA SRV Signature The 1st lot
初期物のTexas special Pickupを搭載。
手放しはしましたが、想い出深いギターです。
このギターのお陰で、幾人ものクセのキツい仲間が出来ました(^^;)

SRVにつきましては以下のwikiを参考にしてください。
wiki SRV >>>

そんな想いがこんなことにも。
過去のBlog記事をご覧ください>>>

JAM's Factory
大阪市中央区道頓堀1丁目東3番17号
06-6211-3680
http://www.jamsfactory.com

 | HOME | 

プロフィール

ジャムズファクトリー

Author:ジャムズファクトリー
JAM's Factory Blog

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

GuitarShop
JAM's Factory

大阪市中央区道頓堀
1丁目東3番17号
06-6211-3680
★websiteはコチラ
www.jamsfactory.com

QRコード

QR

最近の記事

月別

カテゴリー

RSSリンクの表示

Link


 ★Blog Linkへ追加